年収1000万の企業に転職する方法を暴露します

お金 仕事

こちらの記事では年収1000万円稼ぐことが出来る企業に転職する方法を某国立大学の理系を卒業した私が実体験を元に暴露します。

就活、転職する際に1番出てくるであろう年収1000万円という目標について、どうやったら達成できるか具体的な方法はご存知でしょうか?

結論から申しますと2つしかありません。

①平均年収1000万円稼げる企業に就職する、転職する
②起業して1000万円稼ぐ

当たり前のことだろ、と思われるかもしれませんが本当にこれしかないのです。

以下にて詳しく暴露していきます。

①平均年収1000万円稼げる企業に就職する、転職する

当たり前ですが平均年収1000万円稼げる企業と言っても色々あります。

自分が就職、転職する会社の平均年収が1000万円であれば、自分も年収1000万円稼げるであろうと思いますよね?

それ間違いですよ。

例をあげると分かりやすいと思います。
例えば、従業員数10人、平均年齢40歳の会社で平均年収が1000万円だとすると、それは果たしてあなたが思い描く平均年収1000万円の企業でしょうか?

ちなみに皆さん日本の平均年収が約400万円そこそことよく耳にすると思いますが、これ40歳男性に絞って見てみると平均年収は560万円程度になります。

当たり前ですが歳を取ればその分経験やスキルがついて役職も上がり年収は高くなっていきます。
そのような会社に20代〜30代で入社して年収1000万円になるでしょうか?
おそらくこの記事を見ている皆さんは20代〜30代ですよね?

歳をとってから年収1000万円に到達する会社はかなりの数あるが、若くして達成することができる会社は一握りだけ。

別の例をあげると、基本給に加え営業インセンティブがある会社の年収1000万円と言うもの。
この場合は営業職の話ですが、保険や証券の営業マンが当てはまります。

もちろん優秀な社員であれば年収1000万円稼げますし、むしろそれ以上も可能性あると思います。
しかし、ズバリ言いますとそう言う人はそもそもこの記事をみたり、年収1000万円いくにはどうすればいいんだ、と言うことで悩まないので、今これを見ているあなたは当てはまりません。(私もそのうちの1人でした。)

あとは、基本給は低いけど残業代やら手当などが手厚く結果的に年収1000万円というパターンも日系大手企業ではよくありますが、そんなのもNGですよね。

じゃあ20代〜30代で平均年収1000万円稼ぐにはどういう会社で働けばいいのか、それは、

①総合商社、戦略系コンサルティングファームに入社する。
②外資系(特にIT企業)に転職する。

(③スタートアップに入社する)

この2つ(3つ)しかないです。
③は例外的と言いますか、博打的な要素があるため省きます。

更に詳しく暴露していきます。

①総合商社、戦略系コンサルティングファームに入社する。

まずこれは大多数の人にとっては新卒で入社するしか方法はありません。

なので新卒の就活で総合商社、戦略系コンサルティングファームに内定を貰えた人は有無を言わさず入社しましょう。

転職では相当な狭き門であり、大体の人は書類も通過しない&適性検査(テスト)で落ちますので諦めましょう。

まれに、大手銀行でM&Aなどを担当し総合商社に転職する、大手メーカーに勤務しMBAを取って戦略系コンサルティングファームに転職する、などのパターンはありますが、これは一握りの人のみなので恐らくあなたは当てはまりません。(これも同じく私もです。)

②外資系(特にIT企業)に転職する。

皆さんや私のような普通の人間が年収1000万円を若いうちに得るためにはこれがベストな方法だと思います。

中でもオススメなのが外資系IT企業です。

↓外資系IT企業の特徴↓

  • 平均残業時間が短い、もしくはフレックス勤務のため残業という概念がない
  • 年功序列ではない
  • 新卒でも入れるし、転職でも入れる

そして年収については1000万円はもちろん、更に上も全然あります。

例:Googleの場合

年収の範囲:650万〜2500万円

役職ごとの年収

アカウントマネージャー:1370万〜1570万円

プロダクトマネージャー:1450万〜1650万円

なぜ外資系IT企業の年収が高いのか

「市場の成長性と規模が大きい」、「優秀な人材の確保」と「成果主義である」ことが主な理由です。

「成果主義である」に関しては、結局一握りのトップ層だけ、と思われがちですが、そうではありません。

そもそものベース給料が高い&成果が出しやすい、見えやすいからです。

成果が出しやすいことに関して言えば、そもそもIT業界は「市場の成長性と規模が大きい」ためチャンスが大きいです。

また、成果が見えやすいことに関しては、日系企業のように「上司への媚び」が影響しずらい環境(年功序列ではない、若い人が上の立場であることがある、勤務時間が自由)であるからです。

もちろん「怠けていてもいい」「勉強しなくていい」と言うキャリアアップを考える社会人として適していない人は論外ですが。

あとは入社時の給与交渉次第でもスタート時の給料が結構変わってくるので、出来ればエージェントなどを使った方がいいかもしれません。

一応、私のオススメのエージェントを載せておきますので良ければどうぞ。

外資系・IT業界などハイクラスの転職に強い【アクシスコンサルティング】

②起業して1000万円稼ぐ

そしてもう一つの年収1000万円の企業に就職する、転職する方法についてですが、自分で起業してしまう、と言うことです。

こちらをご覧頂ければその理由がわかると思います。

簡単に要約すると、

  • 中小企業オーナーの収入は数億円の人が多くいる
  • 頭のレベルだと、年収1000万円の人の方が上=そこまで優秀でなくてもなれる
  • 違いは「自分で事業を始めるかどうか」だけ

と言うことです。

私は①も②も体験しましたが、年収1000万円を稼いでみると、更に欲が出てきて結局②に行きつきました。
これは完全に個人の性格によるところでもあるので、「自分で事業を始める」ことに対して1歩踏み出せそうな人や興味がある人は年収1000万円の企業に転職する方法としては①よりも②の起業する方が近道かもしれません。

これに関しては私のオススメの本を1つ紹介しておきますので、「自分で事業を始める」ことに対して1歩踏み出せそうな人や興味がある人は読んでみるといいかもしれません。