楽して、簡単にお金を稼ぐ方法はあるのか? vol.1

お金

今回は働いた経験のある人なら誰しも考えた事があるであろうテーマ「楽して、簡単にお金を稼ぐ方法はあるのか?」について考えていきましょう。

楽して、簡単にお金を稼ぐ方法はあるのか?」を考えるにあたり、まずは「世の中にどんなお金の稼ぎ方の選択肢があるのか?」考えてみましょう。

vol.1の今回は「世の中にどんなお金の稼ぎ方の選択肢があるのか?」について解説します!そこからどんな種類の働き方が1番良いのか?紐解いていきましょう!

働き方の種類

では早速世の中にどんな働き方があるのか確認してみましょう。

アルバイト(フリーター)

これは世の中の多くの人が経験した事がある働き方ですね。
お金の稼ぎ方…時給制、1時間単位でお金を稼ぐ働き方。

採用方法…基本的には資格や学歴等の条件は無く、人手が足りない企業が募集し採用されれば働けると言ういたってシンプルな採用。

メリット…基本的には好きな時間にシフトを組んで働けるため、自由度が高い。また厳格な就業規則が無いため辞める事も比較的簡単。

デメリット…日本では「安定していない」と言うイメージが強く、社会的地位が低くなってしまう。また、ボーナスの支給がないので年収ベースでは他の働き方より落ちる可能性が高い。

・アルバイトの平均年収130万円(時給900円の場合)

フリーターは、日本で正社員・正職員以外の就労雇用形態で生計を立てている人を指す言葉。学生は含まれない。中学校卒業・義務教育課程修了後の年齢15歳から34歳の若者が対象である。 和製の造語である。フリーアルバイターとも言われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki

サラリーマン(会社員)

正社員

お金の稼ぎ方…月給制もしくは年俸制、月額もしくは年額で定額を稼ぐ働き方

採用方法…学歴、資格等の条件付き募集が大多数の採用。

就業難易度…会社の規模に依存する。現状、中小企業は人手不足のため募集多。大企業はいぜんとしてある一定の学歴が必要のため難易度高。

メリット…1ヶ月、もしくは1年単位で給料が保証されるため、時給制に比べると安定している。また、税金等の手続きも会社が行うため煩わしい手続きは行わなくて良い。

デメリット…会社に人生が依存する。何故なら会社都合での転勤や昇格による責任範囲の拡大等のしがらみが多い。

・正社員の平均年収478万円
年収1,000万円以上の人は4.3%です。

サラリーマンとは、日本や韓国における正規雇用の会社員を表す用語で、会社企業に勤める給与所得者のうち、役員や専門職を除いた者である。

https://ja.wikipedia.org/wiki

契約社員

お金の稼ぎ方…正社員と同様。

採用方法…正社員と同様。

就業難易度…正社員と同様に会社の規模に依存するが、正社員よりは比較的難易度は下がる傾向にある。

メリット…契約期間が決まっているので契約終了のタイミングで辞めたければ自然に辞められる。

デメリット…契約期間終了後に再度契約更新できると言う保証はない。正社員よりも待遇面でやや落ちる場合がある。

・契約社員の平均年収170万円

契約社員とは、企業などと期間の定めのある労働契約を結んで職務に従事する労働者のことを言う。 非正規雇用のひとつとされる。特に工員として勤務する場合は期間工などともいう。

https://ja.wikipedia.org

派遣社員

お金の稼ぎ方…正社員と同様またアルバイトと同様の場合もある。

採用方法…正社員と同様。しかし未経験や資格、学歴が無くても採用される可能性が高い。

就業難易度…契約社員と同様に会社の規模に依存するが、正社員よりは比較的難易度は下がる傾向にある。

メリット…期間が決まっているので長く同じ場所で働く必要はない。また、色々な職場へ派遣可能なため様々な経験が積める。

デメリット…長く同じ場所で働く事は正社員への職種転換等の特別な処置がない限り不可能。また、責任のある仕事につく事は不可能に近い。

・派遣社員の平均年収170万円

労働者派遣事業、人材派遣、労働者派遣、口入れは、雇用事業の一つ。派遣元となる人材派遣会社に登録している者を、派遣先となる事業所へ派遣して、かつ派遣先担当者の指揮命令のもとで労働サービスを提供する雇用形態のことである。隣接する事業に、職業紹介事業がある。

https://ja.wikipedia.org

個人事業主、フリーランス

お金の稼ぎ方…法人では無く個人で事業を行ってお金を稼ぐ働き方。近年注目されているフリーランスと言う働き方も同じです。

採用方法…自由。個人で稼げる能力や資格、またはアイデアがあれば誰でもいつでもどこでも自由に働ける。

就業難易度…無し。厳密に言えば自分一人、個人でお金を生み出す方法を考え、稼ぐ必要があるため、就業という概念があまり適用されない。

メリット…とにもかくにも自由。どこでいつどうやって働いても良い。

デメリット…自由であるがゆえに、誰も守ってはくれないし問題が起きれば全て自分の責任になる。儲かる儲からないも全てその人自身の責任。

・個人事業主の平均年収384万円
皆さんの想像より低いですよね?
年収1,000万円以上の人は4.6%です。

・フリーランスの平均年収300〜400万年
年収1,000万円以上の人は30歳代で8.8%、40歳代で6.2%です。

個人事業主は、株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。個人事業者、自営業者ともいう。 事業者 法人事業者 個人事業者 事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない。

https://ja.wikipedia.org

フリーランスは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。日本では『自由業』『自由職業』『フリーランス』と呼ばれる。請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサー、フリーエージェントと呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org

副業

お金の稼ぎ方…本業で上記であげたような働き方を採用しつつ、別で更にお金を稼ぐ方法を持つ働き方。

採用方法…主にFX、株式投資、インターネットビジネス、クラウドソーシングなどがあり、どれもやろうと思えば誰でもやる事は可能。

就業難易度…無し! しかし、これも個人の力、スキルに依存するためやる事は可能だがみんなが稼げるようになるかはわからない。また、本業の契約上、副業禁止の場合もある。

メリット…近年、副業を許容する企業が増えてきた事で副業をする事へのハードルは下がっている。また、本業で収入があるため、副業はリスク無しで始める事ができる。

デメリット…本業をしつつお金を稼ぐ事になるため、副業に費やす事のできる時間が限られてくる人が多い。また、継続することが難しいためお金を稼げるようになるまで時間がかかる場合が多い。

・副業の平均年収52万円
本業が正社員の場合の平均年収は52+478=530万円

副業(ふくぎょう, Side business)は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。兼業サイドビジネスダブルワーク(Double work)ともよばれる。副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣在宅ビジネス内職などに分類される。また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

https://ja.wikipedia.org/

まとめ

平均年収ベースで見ると、「本業サラリーマン(正社員)+ 副業」と言う働き方が1番高くなる。と言うことがわかりましたね!